仕事内容

HOME > 採用情報 > 仕事内容

仕事内容

三菱商事パワーシステムズ株式会社 担うべき役割と使命の大きさを実感できる3つの仕事

1.発電プラント・環境プラント等の納入・受渡業務

製鉄、機械、化学繊維メーカーの大規模工場に対し、メインインフラとなる工場内発電プラントや環境プラントを設置することがこの仕事のミッションです。プラントメーカー側技術者と連携し、顧客の要望、周辺環境、予算規模などから最適な技術提案を導きだした上で、ユーザーに提案。そうやって十分なユーザー側とのコンセンサスが得られた後に契約締結を行うというのが主な仕事パターンです。契約締結後もユーザーとプラントメーカーの間に立ち、プロジェクトを円滑に進めるためのパイプ役を担うとともに、工期や仕様変更等に関しての調整役なども担います。
発電プラント納入・受渡業務詳細はこちら

2.プラントのアフターサービス業務

火力、原子力、水力といった国内発電プラントにおける定期点検や定期補修、発電プラントへの部品供給、改修工事等のアフターサービスを手配・管理することがこの仕事のミッションです。お客さまである国内電力会社とプラントメーカーの間に立ち、定期点検工事や補修・改修工事、部品調達などを円滑に進めていくための営業的フォローを行います。発電所を安全に長く運用していくにあたり不可欠な仕事であるため、発電所に密着し、お客さまからの問い合わせに対応します。
プラントのアフターサービス業務詳細はこちら

3.原子力発電所における使用済原子燃料の構内輸送

原子力発電所で発生する使用済原子燃料を貴重なエネルギー源として再利用するにあたり、原子力発電所内に保管されている使用済原子燃料を専用容器に充填し、専用輸送船に積載し再処理施設へと送り出すことがこの仕事のミッションです。
「キャスク」と呼ばれる鋼鉄の容器に密封作業から専用輸送船への積載作業、国の委託を受けた検査員による発送検査の立ち会いなど、一連の作業を「作業監督」という立場で取り仕切るのが主な仕事の内訳です。ユーザーからの要求に基づき、現場代理人、作業責任者、放射線管理者、安全責任者、品質管理者といった各プロフェッショナルを任命し、作業を安全に遂行するための作業管理体制を構築し厳しく管理することが求められます。
使用済原子燃料の構内輸送業務詳細はこちら

4.国際取引業務

原子力発電所で使われる燃料を、海外から国内の電力会社に供給するために、当社では 海外サプライヤーの販売代理店として、電力会社との契約業務を中心とした業務を行っています。 その他関連業務についても、国内にとどまらず海外のお客様と連絡を取りながら行う業務が多く、電力の安定供給に貢献できる非常にやりがいある仕事です。
国際取引業務詳細はこちら

PAGE TOP